清原和博が一緒に覚醒剤していた大物歌手は長渕剛?週刊新潮に対し長渕側は法的措置も検討?

タレント・モデル, テレビ・CM・雑誌

hqdefault
清原和博容疑者の逮捕後、週刊新潮が「清原が長渕のために覚醒剤の調達を担っていた」などと報じたため、長渕さんの所属事務所が名誉毀損を含めた法的措置を検討している事が分かり、ネットでも話題になっているようです。果たしてその真相は?

     スポンサードリンク

以下引用

清原和博容疑者(48)は覚醒剤を入手した状況について供述を始めているという。警視庁は入手ルートや関係先もあぶり出す予定だが、にわかに身辺が慌ただしくなってきたのが、清原容疑者が“アニキ”と慕っていた長渕剛(59)だ。
2042272_201409190050628001411066848c
 今週発売の週刊新潮(2月18日号)は関係者の話として、〈清原が長渕のために覚醒剤の調達を担っていた〉〈清原の薬物疑惑報道後、長渕が清原に縁切り宣言〉〈清原は「アノ野郎は絶対に許せねえ」と口にするようになった〉などと報じている。

 清原容疑者の引退セレモニーには長渕本人が駆けつけ、代表曲「とんぼ」を延々と熱唱するなど2人の“蜜月”はよく知られていたが、記事が事実であれば、大変なことだ。本紙は長渕に直接話を聞くため、都内の自宅に向かった。

 長渕の家は世田谷区の高級住宅地にありながら、敷地面積はナント、698平方メートルの広さを誇る大豪邸。絵に描いたような“白亜の御殿”のチャイムを鳴らすと、清掃員と名乗る50代ほどの女性が出てきた。女性はフィリピン人だといい、日本語はできないそうだ。拙い英語で質問しても、「ナガブチ カムバック トゥーレート」「オフィス プリーズ」と繰り返すのみ。清原容疑者の名前を出したが、知らない様子だった。

 近隣住民にも聞くと、「5、6年ほど前は清原さんがお子さんを連れてきているのをよく見かけました。最近はほとんど見なくなった」と話した。

■所属事務所は法的措置も検討

 しばらく長渕邸の前で待つと、ガレージからジープを出庫する好青年が現れた。直撃すると、「自分は事務所の人間ではなく、一般人です。名刺をもらえれば、本人に直接渡し、連絡させます」と言われたため、名刺を差し出した。

 連絡を待つこと数時間。本人ではなく、長渕の所属事務所の担当者から電話がかかってきた。

「長渕は清原容疑者とは薬物疑惑報道より前から疎遠になっていると聞いています。新潮の報道は全くの事実無根です。昨年8月には富士山麓で“集大成ライブ”を行ったばかりなのに、巻き込まれて迷惑しています」
img_1604601_51912195_0
 いったん電話を切った後も再び担当者は連絡してきて、「今後、弁護士を通じて(新潮に)抗議をするほか、名誉毀損を含めた法的措置を検討しています。長渕本人も相当、激怒していますよ」と念を押すのだ。

 実は清原逮捕の翌3日に長渕は10万人を集めた富士山麓ライブアルバムを発売していた。かつての弟分の不始末と重なるバッドタイミング。確かにいい迷惑に違いない。

引用元:日刊ゲンダイ

これについてネットでは

「いやいや激怒て、あんたも実際薬やってたじゃんw」

「接点あって前科もあるし普通は疑うだろ」
img1719_6-2-2-62282
「清原が薬やってた事は、昔から知ってたんじゃないか?」

「何の根拠もなしに記事書くのはダメだけど、本人も以前に捕まってるし、こういう噂や報道があっても仕方ないと思う」

「長渕さん本当に大丈夫ですか!?」

「だいたい風貌が同じ感じですね」

「激怒するくらい潔白を主張するなら、もし検討している法的措置を取らなかったらさらに怪しくなるね」

「まず尿検査だ」

「自分にも前科あるし疑われても仕方ないで」

「法的措置を取る と言ってた清原は結局取りませんでした。あなたはどうですか?」

「長渕もやってそうと皆疑ってる」

「この人は疑われても仕方ないね。大麻の件もあるし」

などのコメントがありました。

     スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP