虚血性心不全とは?前田健の病気はダイエット後のリバウンドが原因?

エンタメ, タレント・モデル

300x
 歌手の松浦亜弥さんのモノマネでブレイクし、俳優や振付師としても活躍した芸人、前田健さんが44歳の若さで急逝しました。原因について、所属事務所は「虚血性心不全」と発表したようです。

 突然死を引き起こすとされる「虚血性心不全」とはどんな病気なのでしょうか。また普段生活する上で予防や対策などは可能なのでしょうか。少し気になったので調べてみました。

     スポンサードリンク

虚血性心不全とは?

 心臓は1日に約10万回も収縮・拡張を繰り返し、全身に血液を送り出すポンプの役割をしています。この収縮・拡張する心臓の筋肉(心筋)に、酸素や栄養を含む血液を送り込んでいるのが、心臓のまわりを通っている冠動脈という血管です。

 虚血性心疾患とは、この冠動脈が動脈硬化などの原因で狭くなったり、閉塞したりして心筋に血液が行かなくなること(心筋虚血)で起こる疾患です。

 なお、心筋虚血により心筋の収縮力が弱まると心不全状態になります(虚血性心不全)。また心筋虚血により心室細動など致命的な不整脈を引き起こすことがあります。

虚血性心不全は事前に防げる?

 東京都監察医務院は、虚血性心疾患の因子について、このようにおっしゃっているようです。

 虚血性心疾患の三大危険因子は高血圧、糖尿病、高脂血症(総コレステロールや中性脂肪の高値)であり、これに喫煙、肥満、食事、運動不足、情動ストレスなどが加わるとされています。生前に自覚症状があった場合は、診断後の治療によって病変の進行はある程度食い止められたかもしれません。

糖質制限ダイエットは心不全を惹き起こす?

 前田健さんの食生活は不安定だったそうで、ツイッターでは今年1月に約2週間、炭水化物と糖分を抜くダイエットに挑戦したが、3月には「また食ってしまった。ステーキ。400g」(3月13日)とつづるなど、最近は肉やラーメンなどをがっつり食べていたことがうかがわれる。

 「健康は大事とわかっていながら健康のためにしていることは何一つない。不摂生への執着を捨てきれない」(3月20日)とも告白していた。
1
 一方、不整脈で通院していたこともツイッターで明かしており、24日もバラエティー番組の収録で走ったりした際、途中「胸が苦しい」と休憩する場面もあったという。

 こうした状況から山野医療専門学校副校長で医学博士の中原英臣氏は「脳梗塞か心筋梗塞を発症した可能性が高い」と指摘。そして「ダイエット後のリバウンドといった不摂生が影響した可能性は十分にある。それを防ぐには、バランスのよい食事や十分な休養をとることが必要」と話す。

 糖質制限ダイエットでは、実践していたノンフィクション作家、桐山秀樹氏が今年2月、心不全で急死している。

これについてネットでは

「無理なダイエットとか体に負担がかかる事はやっぱり良くないってことだね」

「リバウンドの繰り返しが良くないんだろ」

「突然死とか嫌だし、健康的な生活を心がけないと」

「低糖質ダイエットって賛否両論だよな。体の水分なくして体重下げてるだけで、すぐリバウンドするみたいだし、心筋梗塞とかのリスクとか高くなりそう」

「やっぱりダイエットは運動して健康的にだね。」

「マエケンさん来月持病の不整脈の手術を受ける予定だったそうだけど、もうちょっと早ければ何かかわったかもと思うと残念…」
url
「来月に手術を予定する程に体調に波があるのに不摂生してしまうのは何でだったんだろう…」

「不整脈で手術ってなかなかないけど、結構深刻だったのかな」

「立派な振り付け師だった…」

などのコメントがありました。

     スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP