大動脈解離と解離性大動脈瘤ってなに?

大動脈解離とは?

 大動脈解離とは大動脈の中膜に生じた亀裂から血流が偽腔内に流入し剝離する大動脈疾患の一つです。大動脈の脆弱性は中膜の嚢状中膜壊死が重要ですが、中膜の変性がなぜ起こるかはまだ解明されていません。

     スポンサードリンク

     スポンサードリンク

解離性大動脈瘤とは?

  大動脈は、外膜、中膜、内膜の3層構造となっており、十分な強さと弾力を持っていますが、なんらかの原因で内側にある内膜に裂け目ができ、その外側の中膜の中に血液が入り込んで長軸方向に大動脈が裂けることを大動脈解離といいます。
 原因は不明ですが、動脈硬化や高血圧が関係しているともいわれています。マルファン症候群などの大動脈の中膜が弱い先天性(生まれつき)の病気との関係も知られています。
 中膜に流れ込んだ血液は、新たな血液の流れ道(解離腔または偽腔)をつくり、それによって血管が膨らんだ状態を解離性大動脈瘤(大動脈解離)といいます。外側には外膜一枚しかないため、破裂の危険性を伴います。

     スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。